Class 5 / クラス・ファイヴ

2012年 伽藍堂レコード

絶対無シングル

Class 5
Zettaimu Show 20110206 @Tokyo
Class 5 PV
Mariko
sange
Mariko

癌の可能性を"CLASS"という段階(1~5)に分けていて、「5」は癌であると判定された最悪の段階 "V"のこと。この詩では、肉体的ではなく精神的に死にかかっている精神状態を表現。 

 

作詞:古江尚

作曲:古江

​Produced, arranged and engineered by Hisashi Furue

Mixed and mastered by Hisashi Furue at Atelier508 in Tokyo

​Recorded in Tokyo, JAPAN. 2011-2012

::

茉莉子 - vocal

古江 尚 - アコースティック・ギター、ピアノ

松橋 道伸 - ドラム

堀内 宏明 - ベース

My mind is always under construction, 
no time to care for reputation
My father says "Work harder than before!"
"Hopeless!" I can't stand it any more

Take me to your breast patiently,
I'm so tired, impatiently
See you at my funeral!
I'm in CLASS V, I am dying

 

I want to give you all my memories
You hate to give me your extra destiny
Like a French film, this sudden death of mine...
It's no use saving all my life so far

 

Don't say "It's all up with you!"
Day after day my life runs on,
grinding my teeth every day,
one after another cigarette...

<対訳>

私の精神状態はいつも工事中で

世間体を気にする暇もない

パパは「もっと昔よりマジメに働け!」と言うけど

「望みはないの!」私はもう、これ以上持ちこたえられない

 

どうか怒らないで、あなたの胸に抱きとめてほしい

私はもう疲れたの・・・耐えられない

私の葬式で会ってよ!

私はクラス・ファイヴ、今にも死にそうなの

 

全ての記憶をあなたに譲りたいわ

あなたは余分な運命すら私にくれようとはしない

フランス映画のような、私のこの突然の終わり

それまでに私の人生の全てを使わずにとっておいても仕方がないの

 

 

「君はもうおしまいさ!」なんて言わないで

来る日も来る日も私の人生は時を重ねる

毎日、歯ぎしりをしながら

次々と煙草を消してはつけ...

(C)2012 Garando Records. Tokyo, JAPAN

​(P)2012 The Copyright in This Sound Recording is Owned by Garando RecordsTokyo, JAPAN

  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagram Social Icon

© 1997-2020 Garando Records

Tokyo, JAPAN

Powered by ELFa. Tokyo, JAPAN